シーボルトのピアノ。

HOME > 2009楽器フェア・シーボルト修復プロジェクト > シーボルトのピアノについて

アクセス

  • あのドイツ人医師シーボルトが持ち込んだ1819年イギリスWm.Rolfe&Son's製のスクウェアピアノが現存する日本最古のピアノです。このピアノはシーボルトが帰国の際に、当時親交のあった萩藩四代当主、義比(よしかず)に寄贈したもので、その後、豪商熊谷家の屋敷に展示、現在は、山口県萩市の熊谷美術館が所蔵しています。このピアノは1955年頃に現代のピアノに使われている鋼鉄製の弦を使うなどして修理が行われたために、ピアノ本体がゆがんでしまいました。2009楽器フェアではシーボルトのピアノの歴史的価値を踏まえて、再度、当時実際に使われていた軟鉄製の弦に張り替えるなどして、当時のやわらかい音色を蘇らせます。
  • シーボルトはピアノを弾くだけでなく、作曲なども行った記録があり、直筆の楽譜も残っています。これらの貴重な資料も楽器フェアで展示いたしました。


  • Cut Studion 929 アクセスマップ

    Cut Studion 929 アクセスマップ

(社)日本ピアノ調律師協会

〒101-0021
東京都千代田区外神田2-18-21
楽器会館5F
TEL : 03-3255-3897
FAX : 03-3255-9246
info@jpta.org