シーボルトのピアノ。

HOME > 2009楽器フェア・シーボルト修復プロジェクト > 現代のピアノとの比較

アクセス

  シーボルトのピアノ 現代のピアノ
 
製造年
1819年(イギリス)
以下の値は参考例です
1682mm
1490mm
奥行
623mm
1860mm
高さ
905mm
1010mm
重量
320Kg
6
3
ペダル
1
3
白鍵
象牙
人工象牙
黒鍵
黒檀
黒檀調天然木
鍵盤数
68
88
音域
5オクターブ1/2(F~C)
7オクターブ1/4(A~C)
フレーム
中高音弦
鉄・真鍮
炭素鋼
低音巻弦
音量
連打
引き出し
メンテナンス性


  • シーボルトのピアノと現代のピアノとでは、材質、構造などの数え切れない大きな違いや、数値では表現できない感覚的な違いが多数あります。
    楽器フェアでは、限りなくオリジナルに修復された当時の音を聴く事ができます、日本最古のピアノの生の音を体験する非常に貴重な機会となりました。

(社)日本ピアノ調律師協会

〒101-0021
東京都千代田区外神田2-18-21
楽器会館5F
TEL : 03-3255-3897
FAX : 03-3255-9246
info@jpta.org