JPTAヘッド
   なるために
   この職業
ピアノ調律師 として生計をたてている人の数については正確なデータはありませんが、会社に所属している調律師や、自営業者、フリーを合わせても約10,000人 程度と推測されます。

(一社)日本ピアノ調律師協会 では入会に際して資格審査を行っていますが、 これに合格し、調律師として協会から認定されている調律師は、平成27年度 末現在で約2,500人 います。このうち約3割以上は、ピアノ製造メーカーや販売会社に所属する調律技術者です。

協会の入会審査は、「国家検定ピアノ調律技能検定試験」に合格され(1級・2級・3級いずれも可)、当協会の会員の推薦された方が、一般社団法人日本ピアノ調律師協会に入会し会員となることが出来ます。 近年の新規入会者は、大体毎年約30人ぐらいのようです。 協会員のデータで見るかぎり、現在の会員数に占める女子調律師の割合は17%に過ぎませんが、最近の入会者の動向を見ると、毎年女子が47%以上を占めるようになっており、私たちの協会に問い合わせてくる人のうち7割程度 が女子だというデータもあります。 従って、今後は女性の調律師 がかなり増えてくると考えられます。

楽器販売店(小売)の社員として、ピアノ販売のアフターサービス要員、フォロー・メンテナンス要員になっている調律師も漸増しています。 しかし、昨今は大手ピアノ製造メーカーの調律師養成機関や専門学校で学んだ人が、卒業後ピアノ調律師として活躍する事が多くなっています。


←「ピアノ調律師になるために」トップへ
「 ピ ア ノ 調 律 師 に な る た め に 」その他のメニュー
入会審査 | ♪調律師とはどんな職業か | ♪この職業に就いている人たち | ♪この職業に就くには |
この職業の歩みと展望 | ♪労働条件の特徴 | ♪この職業についての問い合わせ先・関係団体

ロゴ
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-18-21 楽器会館5F
TEL.03-3255-3897 FAX.03-3255-9246
E-mail.mailto:info@jpta.org
All Rights Reserved by Japan Piano Technicians Association. 無断転載を禁止します。