JPTAヘッド
   なるために
   就くには-1-
ピアノ調律師 としての実力を認定する制度としては、※T国家検定「ピアノ調律技能検定」制度があります。但し資格免許が無くても調律をすることは出来ます。しかしながら将来ピアノ調律師として活動していくためには、国家検定「ピアノ調律技能検定」の「ピアノ調律技能士」の資格を得た方が顧客の信頼を得る事はあきらかです。

※T 国家検定「ピアノ調律技能検定」制度については、(一社)日本ピアノ調律師協会のホームページをご覧下さい。

多くの場合、調律師になるには、ピアノメーカーなどに付属する養成機関や、専門学校、音楽大学の調律科などに入所または入学するという方法がとられています。こうした学校の定員を合計すると、400〜500人 ぐらいになります。

このような養成機関に入学するには、大体、高卒以上の学力と、音楽が好き で音に対する感覚が優れている こと、指が1オクターブの鍵盤に楽に届くこと、健康で情緒が安定している ことなどが必要とされています。また、18歳から25歳まで という年齢制限を設けているところもあります。 試験科目 は国語、英語、数字、一般教養、作文、音感テスト、適性検査、人物テスト、健康診断などとなっています。

大学は別として、修学年限 は1〜2年ですが、上級の専門課程などを含めると2〜4年になります。

養成機関によっては奨学金制度、優待生制度、上級技術習得のための専攻コース、海外研修・留学制度が用意されているところもあります。

調律師に必要とされる基礎技術 の習得には、知識の蓄積と、正常な聴覚や視覚のほか、手先の鋭敏性、感受性などの感覚的な要素も重要なポイントとなるため、一般的に年齢は、感覚や感性がさらに伸びる可能性が残されている25歳ぐらいまでが目安といえるでしょう

養成機関で勉強する方法の他に、比較的大きな修理・メンテナンス部門 を持つ販売代理店(会社)などで、5〜6年間 みっちりと修業し、体系的に修理・保守技術、調律技術 を体得するという道もあります。この場合は、修業中に実際に実力のある先輩調律師のアシスタントとして、ピアニストやピアノ教師、ピアノ使用者との人間的交流を深めながら、調律師の仕事を見つめ、接客の方法や礼儀、アドバイスのし方などを身をもって学びます。


←「ピアノ調律師になるために」トップへ 次のページへ→

ロゴ
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-18-21 楽器会館5F
TEL.03-3255-3897 FAX.03-3255-9246
E-mail.mailto:info@jpta.org
All Rights Reserved by Japan Piano Technicians Association. 無断転載を禁止します。